メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

ブログ カレンダー
« « 2020 9月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3
カテゴリ一覧
ブロガー一覧

(1) 2 »

日記帳 - 人吉へ!2

人吉へ!2

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
okamoto 2007-9-21 12:15
※※世の中、どんなことにも「舞台裏」というものがある。
テレビ番組のドキュメンタリーで「○○の舞台裏一挙公開」「○○を支えた舞台裏」だとか・・
Yどんが楽しく(?)白蔵峠を登っている時、私にもちょっとした舞台裏があった。※※


到着後、自分の自転車を持っていっていた私は、早速Yどんの試走に付き合うことに。
他の選手の皆さんが走る方向に一緒に試走にいった。「ここのたいしたこと無い登りでどれだけスピードが出せるかよ。問題は」等と偉そうに語りながら試走を終える。

開会式も終わりいよいよ出走準備。ここでYどんはスタート地点へ。
私は携帯でYどんの写真を撮ってそして選手がスタートしたしばらく後、同じコースを登るつもりだった。
先程の試走した場所で選手を待つ。スタートは9時45分。一人ぽつんと選手を待つ。
携帯片手に待つ。・・・・・・・・誰も来ないな。・・・・・・・・・でも待つ・・・・
9時50分になった。あれ??私が気づかない内に皆行っちゃたの??・・・・
写真とりそこねた。あーもう?。じゃ、私も走ろうっと。追撃だぁ!!と走りだした。
登っても登っても選手やボランティアらしき人影もなし、そしてなんか話に聞いていた「民家も何も無いひたすら登り」コースと違うぞ!
道中は猿が「ウッキャー!!」と何匹も出没してきた。相当恐怖・・・雨もどしゃぶりになってくるし。
しばらく登って「五木村道の駅」の看板が・・・オカシイ・・私は思い切って聞いてみた。
「アポロ峠ってどこですか?」 ・・・・・・最初のスタート時点で道を間違えていたようですね ハイ。
空模様はもうすでにどしゃぶりになっている中、スゴスゴとさっき登ってきた道を引き返し、再び林業センターへ。もう一度地図でアポロ・白蔵を確認し、今度は車で追う。途中は「北獄神社」というものが唯一の目印。

これまたヒドイ道だ。かんかけ峠のような細い道に、がけ崩れや一歩間違うと崖下転落の恐れがある箇所、そして道一杯に落ちている大岩小石の数々。舗装になってない道もある。ヒドすぎる。こんな道を100余名もの選手に走らせているのか・・・熊サイふざけとる!!。
車で通りながら怒りと恐怖でドキドキしていた。
唯一の目印である「北獄神社」にやっと到着。神社の前にはキレーイに舗装された広?い道路。アレ?アレレ??アハハまた道を間違えたようですね。そうやろおかしかもんあんな道、普通コースに設定せんやろ??アハハ?

さぁ気を取り直してYどんを追っかけよう、今どの辺登ってるやか?

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.parabola.jp/modules/d3blog/tb.php/215
[ HOME ] [ NEWS ] [ BBS ] [ ALBUM ] [ BLOG ] [ LINK ]