メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

ブログ カレンダー
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
カテゴリ一覧
ブロガー一覧

(1) 2 »

  • カテゴリ 自転車 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

日記帳 - 自転車カテゴリのエントリ

eddy フリーの共回り4

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
EDDY 2018-6-15 17:30
一晩寝ながら考えた(嘘です)

 出た結論は、この方法は本筋ではない!
 左側のナットを外してシャフトを外してみました
 シャフトには途中太くなる段差があり
 その段差にハブ内のベアリングの内輪が引っ掛かり
 シャフトの位置が決まる
 つまりシャフト位置はナットで調整するものではないことが分かりました
 それではフリーボディーは?
 その反対側の細くなるところの段差に引っ掛かって
 位置が決まっている様です
 それが奥に入ると言うことは・・
 その段差をよく見ると角か少しめくれてる
 めくれた分フリーボディーが奥に入って
 ハブと接触するようになった
これが原因の様です

さてどうする

eddy フリーの共回り3

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
EDDY 2018-6-14 17:34
再度分解
 フリーの押し込んだ先や爪の周りに擦れた所はありません
 擦れた所が有ったのはハブ側の防水シールが当たる辺りで
 フリーボディー側のアルマイト(赤)が擦れてアルミの地肌が出てました
先ず考えたのは
 シャフトごとフリーボディーが奥に入ってしまって
 ハブとフリーボディーが干渉したのではないか
 と思い反フリー側のロックナットを調整して少し
 シャフトをフリー側に動かしてみました
 ほんの少ししか動かさなかった為
 完全に共回りは無くなりませんでしたが
 改善はしたようでした、
が!
 ホイールそのものに若干のブレが出てしまいました
 自転車に取り付けた状態でリムを左右に振ると
 微かに動くのが分かる、このブレが減るかと
 この状態でもっとスキュアを強く締め付けると
 今度はブレは減るが共回りがひどくなる
さて・・

eddy フリーの共回り2

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
EDDY 2018-6-12 18:18
再発
 最近また供回りの頻度があがり故障内容に興味があり
 私の手持ちの10速ホイールと交換して預かることにしました
 それらしい不具合の報告をネットで探しましたが見当たりませんでした
 自転車から外しそのまま回しても引っ掛かる様子はありません
 ボンドレガーのフリーの構造にも興味がありその場でフリーを外してみました
 ただ、フリーを外すとき板レンチで外すロックナットが指で回わせるくらいに
 緩んでいました
 ただそれが原因では無いようでした

フリーの構造は
 3つの爪とそれを押さえるリングバネ
 ハブ側は内側にギザギザがある普通の構造
 最近のDTと同じかと思ってましたが違いました
 ラチェットに問題があると思い、通常どおり
 爪、リングを外し、パーツクリーナーで丁寧に洗浄し
 組み上げました。今度はロックナットは強めに締め付けました

果たして
 一言、ひどい!!、
 完全にロックしている訳ではありませんが
 ペダルを止めるとチェーンの上側は緩みっぱなし
 全く走れません
 ラチェットではない所が引っ掛かってるようです
 爪が引っ掛かっているのではなく何処かが接触(擦れている感じ)しているようです
続く

eddy フリーの共回り

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
EDDY 2018-6-11 14:28
私のではなく友人の
 たぶん2009マドンナ5.5に
 付いていたボンドレガーレースライト
 ほぼノーメンテで9年間
 半年程前からフリーが共に回りして
 チェーンの上張りが一瞬緩む
 ひどいときはガッチャンガッチャンと
 結構な音を立てるが何時でもというわけでもなく
 ただリアがトップの時頻発していました
 その状態のまま何度か一緒に走っていましたが
 早めにメンテを薦めました
 お店ではラチェットの清掃とグリスアップして頂いたようで
 しばらく様子を見て下さいとの事でした
 その後は明らかに頻度は少なくなりましたが
 完治とまでは言えなかったようです
 彼の後ろを走ると、トップギヤで
 下り坂、足を止めると時々発生していました
続く

eddy 300kmほど

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
EDDY 2018-6-6 16:30
走ってみました
 特に問題ないようです
 ま、10速用スペーサを入れたときは
 調整用スペーサが要らないならと言うことは
 きれいな平面になっていないと言うことですが
 気にしない😅

eddy 10速フリー用

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
EDDY 2018-5-22 23:07
に加工した11速スプロケットがありますが
 自分でやってみたくて
 アルテ11-28の中古をヤフオクポチリ
 勿論旋盤なんて持ってません
 以前ロードエンドストッパーを造ったときの
 方法で、ハンドルーター用のダイヤモンドカッター
 を安物小型ボール盤をつかって削ってみました
 削る所は一番内側の3枚組のハブに当たる所
深さの調節
 削る深さの調節はダイヤモンドカッターを最も下げた所で
 微かに当たる高さに調節
 掘削物の固定バイスを固定せず、間に削りたい深さ分の
 スペーサーを挟むことで掘削面を調節しました
 一気に深く削ることは出来ないので
 少しずつ0.4~0.5mm程度のものを挟んで
 ローターを押し付けて削って行きました
 最終的には1.0mmと0.7mmの薄板を挟んで
 目標の1.85に少し余裕を持って1.7mm
 としました(つもりでした) が・・
実際WH7850SLに取りつけてみました
 Shamal 11速ハブにSC9000 11-25のホイルと入れ替えたところ
 ん・・
 ちょっとスプロケットが奥に入った感じ
 要は削りすぎ? アジャスター2ノッチくらい
 少し足りないくらいのつもりでしたが
 結果は削りすぎ
 0.2mm弱のシムを入れて調整 
 柔らかいアルミの0.2mmを使ったので、実際は0.15mm程度でしょうか

誤差の原因は最初に合わせたダイヤモンドカッターの位置が少し深かったのではないかと思います

削るのに1時間半ほどかかりました、結構使い古しのダイヤモンドカッターでした
ダイソーにダイヤモンドカッターあったと思ったのですが見つけられなくて
今中国通販に依頼しています (またこのために使うことは無いと思いますが)
実走で300kmほど走ってみましたが問題ないようです


この10速フリー用に加工したスプロケットは
 10速カセットを使用するときの1.8mmのスぺーサーを使えば
 11速フリーに使えるはずなので
やってみました  
 円周方向の削り方が少なく1.8mm のスぺーサーがはまらなくて
 少し広げるように削りました
 リムを交換したレーゼロにはめて(0.2mmのシムは無し)みました
 グラつきもなくピッタリおさまり
 SHAMAL デュラ11-25のホイールでピッタリに調整したものと入れ替えで
 まったく問題ないシフトの感触
 しばらく走ってみます
 

eddy iwai long参加

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
EDDY 2018-5-22 16:24
iwaiのlongイベントに参加してきました 
 170km 佐賀東与賀から唐津 とちょっと変わった(私にとって)
 コースで山は少しのコースでしたが
 結構なペースで疲れました
 かなり風は強かったのですがどこ走っても追い風のようでしたが
 最後の筑後川沿いの道が強い向かい風で
 後ろを走っていてもちょっときついくらい
 ペースを落としてもらいました
 年寄りだけで走っているといつもゆっくりなので
 刺激になりました

eddy しまなみ 個人的な総括

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
EDDY 2018-4-11 20:01
今回で何回目なのでしょうか
 私は今回を入れて4回参加しています
 123○○○? 間に3回か4回入っているのかな
 最初が2004年10月2・3日で走ってます
 参加者は 岩井 中○(伴走) 高瀬 山○ 藤○ 野○ 寺○ 乙○ 入○ 篠○ 姫○ 大槻 の11+1名でした
 今回久しぶり参加を申し込んだのですがいつも一緒に走っている仲間(篠○ 姫○)もお付き合いいただいて
 当日集合場所に行ってみるとなんと乙○ さんも・・
 第一回参加者の4名が参加ということになっていました

この島波ツアー もともと一人名前を明かしている高瀬さんが、
 こんなところあるよ,行こうよ、と声をかけていただいたのが始まりで、
 岩井さんに提案し始まりました
 コース 寄り道は私が提案しましたが、とは言っても一本道ですが
 カレイ山と亀老山も最初から付いていました(笑)
 初回の行き帰りはかなりくたびれたスーパーマン号で思ったより時間が掛かった記憶があります

帰りの車の中でこのコースに惚れた岩井さんが毎年やりましょう!と言われた記憶があります
 毎年とはいきませんが確実に人気のツアーになったようです

今回の参加者の中に瀬戸田(すいぐん丸があるところ)出身(?)の方がおられたようで 
 次回からはもっとおいしい所にめぐり会えそうです
 いくつかのグループに分かれると選択肢も増えるかもしれません
 いかんせん30名近くを一か所となると選べませんから

eddy 大晴天のしまなみ二日目

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
EDDY 2018-4-10 12:16
とても素敵な二日目となりました
 出発前、ご自身もアンカー乗りと言われる
 サンライズ糸山(サイクリングターミナル)
 のボランティアの方とお話しが出来ました
 年に60回は亀老山(もっと多くかったかも知れません)
 に登っておられるとのこと
 ほぼ同じ年で元気をもらい、けっこうな追い風のなか
 
8時6分に出発、昨日の向い風が嘘のような
 まあ、反対向きに走っているので当たり前ではありますが
 強い横風でハンガーは鳴いていました
 軽いペダリングでグイグイ進む感覚は最高!!
 手前の小坂で若干へたりながら亀老山登り口に到着
 へたれ足なので、後続を待たずに登頂開始
 途中後続に次々抜かれ26分掛けて山頂へ
 そのきつさを一変に吹き飛ばす程の青い空、海
 風は体が持っていかれる程の強風でしたが最高の景色でした

次は二つの橋を渡った13km先の伯方の塩アイスを目指しましたが
 到着したものの、アイスを食べる元気は無く
 サイクリストの聖地どら焼(んなものがあったよ)、二個も食べた
 ここから年寄りへたれ足グループ(一人若者がまじってますが)
 20分休憩して四人は先行、つぎのドルチェを目指します、

二つの橋を渡って25分、ドルチェに到着、
 伯方の塩、でこミカンのジェラートを食し
 15分の休憩で後続を待たずに先行
 尾道ラーメン未経験者のが2名居たので
 因島317号線沿い、いつもの萬來軒へ、
 サイクリストが1人出てきて挨拶、
 12時10分とまさに昼食時でしたが
 10名程度は余裕で座れる程、比較的空いてて
 炒飯、ラーメンを戴きました
 
昼食後はそのまま317号線を海沿いに北上
 罪滅ぼしのお土産に再度ハッサク屋によって八朔大福を買い向島へ
 橋の上で結構お年の金髪のおばあさんに遭遇
 他にも外国の方をた沢山みました
 因島大橋手前で先を越された仲間を追いかけましたが
 渡船場でやっと合流
 無事13時43分、尾道U2に到着したました
 
 

eddy 天気大外れのしまなみ

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
EDDY 2018-4-9 20:52
しまなみ行ってきました
 総勢29名の大所帯でした
 ただ天気が・・・
 予報では、晴れ 晴れ 晴れ 時間天気予報には全部晴れ〜で
 で大いに期待していたのですが
 久留米スタートから 暗いながらも雲が厚そう
 九州を離れると雨・
 レダーをみると中国地方の北半分が雨・
 瀬戸内海地方はかろうじて降ってはいないようで
 天気予報を信じて 尾道へ
 さて出発 フェリーに乗って向こう岸に渡る途中から雨
 ウインドブレーカーを透して中まで雨が浸透してきました
 実はレインウエアーは持ってきていて、
 フェリーに乗る直前に天気予報を信じて今日はいらないかと伴走車に戻したところでした
 (それほど立派は晴れ〜はれ〜ハレーの予報だったもので)
 向島に渡ってしばらくは雨だったのですが西に走り、
 海に出るころは何とか雨も止んできてなんとか走れました  が・・
 今度は風 強い西からの風で 若干向かい風
 ディープリムの人は怖いくらいの横風でした
 久しぶりのしまなみでしたが いつもの(?)八朔大福
 ただジェラード、ドルチェは翌日に変更(もし当日だったら寒くてパスしてました)
 お昼はいつもの、いまいち「水軍丸」 私はがっかりしないよう カレーにしました
 最初の予定では付いていなかったカレイ山のヒルクライムも付いていました。
 全員ではありませんが、私も参加 ほぼ先頭でスタートし 到着は最後尾で・・
 曇っていはいましたがそこそこの景色でした
 問題は最後の来島海峡大橋 強い横風の中 10Km/hも出ず
 そしてその強い風がつり橋のハンガーと呼ばれる縦の吊ワイヤーと干渉してすごい音
 キーーーーーーという音が鳴り響いていました
 16時45分過ぎ、無事今治サイクリングターミナル到着しました
 入室を待っている間、北東側、来島大橋の向こうに出来すぎの虹がありました
[ HOME ] [ NEWS ] [ BBS ] [ ALBUM ] [ BLOG ] [ LINK ]