メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

ブログ カレンダー
« « 2019 4月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4
カテゴリ一覧
ブロガー一覧

(1) 2 »

  • カテゴリ 自転車 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

日記帳 - 自転車カテゴリのエントリ

やっぱり山はいいね

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
wataru 2005-10-3 14:56
昨日は、朝5:30起床
MASAKOちゃんへのコメントに書いたが、11/3に開催される。富士チャレンジ200のソロ200kmにエントリーしました。

で、そのために練習( ・∀・)

先々週のリベンジをかねて、奥多摩方面へと思ったが、また間違うので、
今度はあきる野市方面から登ってみることに。

失敗しないように地図ソフトであらかじめルートを検索しプリントアウトして出発。

45kmほど平地を走りあきる野市を抜ける。
登り道の檜原街道は、奥多摩への登りと変わらず勾配もそんなに無い、30km/h前後で踏み込んで登ることが出来る。
しばらく進んで交差点に差し掛かかった。

←檜原 奥多摩→

奥多摩に戻るのだから右だっけ?と思ったが、ルート地図を確認。左と指されている。
右に行ったら麓に近い方に出でるようだ、目標は奥多摩湖の上流側からもどること。

よって左折。

さ、ここからも調子よく行けるんだろうな?と思っていたら大間違い!
曲がって直ぐ10%超の坂、それからも7?10数%の坂が続く。

しかし、久しぶりのまともな峠道に、つい嬉しくなる。ヽ(´ー`)ノ
山間の檜原村は、阿蘇の雰囲気に似て何となく懐かしかった。









ここからは小菅村







「足がつる峠」・・・・・・つ・つまらん!(_ _ )/ハンセイ






これがその、ボンネットバスらしい。

いくつもの峠らしいとこを通ったのに、一応名前が確認できた峠はココだけ。
それから小菅村を抜け、奥多摩湖上流へ前々回同様、新青梅街道を自宅へ帰る。

走行距離 172km
今回のルート

よく150km超ばっかり乗ってるな?と思ってる人も多いのでは?
その理由は、なんせだだっ広い関東平野、坂がない!
自宅から30?40km行かないと山道にはお目にかかれない。

久留米は見上げれば良山&パラボラ、かんかけ、鷹取山
合瀬耳納?逆パラボラで、80Km 国体コースで110km、
それぞれ2峠ある、練習としてはおなかいっぱいになる。

ネットで見てみると、車で一旦郊外まで出て走る人が多いようだ。
残念ながら車は実家に置いてきたです。(´・ω・`)

間違えた

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
wataru 2005-9-19 15:44
昨日は、再び奥多摩方面へ、前回とおなじ道では面白くないと思い、奥多摩から「あきる野市」方面へ降りる道路に入ったつもりが・・・間違えた Σ(´Д`lll)
なんか、予定より早く平地になったな?と思い案内を見たら。

「大月市」(゚Д゚;)

以前、仕事で山梨(富士吉田市)に行くとき電車乗り換えたとこだ・・・
じゃ、さっき下をくぐったのは中央道・・・こっから何キロあるんだろう?(既に100km)
国道20号を走り出すとすぐに、新宿まで85kmの案内・・
今日の予定は150だったのに下手すれば200km超えそう
途中は徐々に下っていたのできつくはなかったが、山梨(甲府)?東京の幹線道路だけに相変わらず車が多い。
途中「相模湖」を右手に見つつ、なんとか23区内へ突入、環八を北上し自宅へ。
出発 6:30 帰宅16:40分・・走行距離 191km
( >Д<;)がばきつかったです

奥多摩&LOOKかる〜くインプレ

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
wataru 2005-9-6 23:48
9月4日(日)
午後から雨の予報だったので、6:00に自宅を出る。
目指すは奥多摩湖、地図上で自宅から一番近い山道を目指す。(それでもふもとまで片道30km強!)

LOOK完成以来、冷凍こがさん上京&鈴鹿と続いたため、
キシリウムSL'02(チューブラー F660g R840g + Veloflex セルヴィツィオコルセ)
を履かせていたのを、普段履きの
コスミック アルミ(クリンチャー F:エリート/900g R:エキップ/1030g 混在(-.-) + MICHELIN PRO Race)
に付け替て出動!
(キシリ年に3・4回しか使ってない、LOOKとイワイアルミ号との違いを体感するため)

自宅を出て、新青梅街道を西に進む。
しばらくはフラットな道であるが、道の凹凸のから来る突き上げがマイルドな感じがする。しかし、キシリウム+チューブラーで走っていたときは、まさに「ロイヤルサルーン」状態だったです(゚ー゚*)

陸橋に差し掛かり、登り勾配でシッティングで踏み込んでみる・・・・か・か・軽いっす!(・∀・)
元々コスミック アルミは、練習用の「鉄ゲタ」のつもりだが、これでは用をなさないのでは?

練馬区・西東京市・東久留米市・東村山市・東大和市・武蔵村山市・瑞穂町を通り、35kmほど走ったところで青梅市に入る、青梅市街を抜けると奥多摩への登りが始まる。奥多摩湖の途中までの道は「青梅マラソン」にも使用されるコースで、勾配もそんなにないのでかなりいいペースで登ることが出来ます。
(マラソンのホームページとか見ると、ランナーにはアップダウンの激しいコースだそうな)





2ヶ月前始めてココに来たときは夏休みの為か、レジャー車の多さと暑さでうんざりしながら登ったが、今回は曇りで涼しかったのと車が少なかったので気持ちよく登ることが出来きた。

登り初めてすぐ多摩川が左手下に見えてきました。





なんだか東京に来て初めて、「自転車はやっぱりこういう所で乗らなきゃ」ってな感じです。
けっこう整備されてて都会チックな自然だけど、そこは目をつぶらなければ。


奥多摩湖までの道は、アップダウンを繰り返しながら徐々に登っていくタイプのコースで、フロントをアウターにかけたまま、シッティングでぐいぐい踏み込んで登って行くことが出来ます。
いつもならばちょっと勾配がきつくなると足になにか重い物を巻き付けられる様な感覚になるのだが、自転車のおかげか、それもなく負けずに踏み込んでいける。単純に軽いというより、踏み込みに対してフレームがしなり、その反発が来てさらにそのおかげで前に進む感じがする。結局ダム直前でインナーに落としただけでほとんどアウターでこなして奥多摩湖にたどり着くことが出来た。

さすが東京の水瓶、江川ダムより相当広いです(総貯水量 江川ダム 1826万平方m 奥多摩湖 1億8500万平方m )

ダム本体






ダム湖1






ダム湖2





奥多摩湖の奥?( ・∀・)のドライブイン付近で給水&休憩して戻りました。
余裕があれば、この先の柳沢峠(富士山が見えるそうです)まで行きたいが、今日の練習目標は達成できそうだったのでこれまで。

うまく表現できませんが、LOOKは自分が思った以上のフレームでした。
また後日もう少し乗り込んで、LOOKを選んだ理由を書きたいと思います。


本日のエピローグ1
自宅の裏に「光が丘公園」を擁するマンモス団地がある、普段ならば公園に来る人の車が出入りするくらいで、交通量は町中の幹線に比べたら遙かに少ないところが・・・ものすごく渋滞している(゚д゚;)━━━━!!
団地の中のショッピングセンター付近に警察のバス(窓に格子がしてあるやつ)が何台も止まって警官が交通整理している。
ショッピングセンターの前の道路に選挙カー、誰か有名な人でも?とおもい選挙アナウンスを聞いてみると、14:00に小泉総理が来るらしい。どーりでこの警官の数!
こんだけ警官のいるところで右折も含めて信号無視をするわけにもゆかず、ゆっくりと自宅へ帰った。
(警官さんごくろーさまです)

今回の走行距離152km(;´ρ`)ナンカチカレタヨ・・・


本日のエピローグ2
シャワー浴びて、少し小腹を満たし、夕方からす?さんとこ(川崎)に写真データもらいにお出かけ、有楽町で地下鉄→JR山の手線に乗り換える。地下鉄からの階段を登っていると、階段を下りてくる人の中に、アルミ色のミニスカートにタイツ姿の足が視界に飛び込んできた

「何かのキャンギャルかな?」(・∀・) ワクワク 顔を上げてその人を見てみる・・・

「うわ!なんじゃこいつわ(゚*゚;)」
よく見ると、ガタイがでかい!
オッサン?(゚Д゚;)!!顔にはプラスチックの怪しいお面!
そしてなんともいえない金髪のカツラ!


へ・へんたい ・・・(´・ェ・`)

階段を登り切ると他の人もヒソヒソと何か話してる・・・
お見せしたかったがとてもじゃないが写真撮る勇気はありませんでした
東京にはいろんな人がおるです

日本最速の女

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
MASAKO 2005-9-3 21:49
インターネットでキシリウム2006年モデルが入荷されたとの情報が現れ始めた。
と、思っていたら隊長から電話。
「英彦山申込みせんとねー?それからキシリウムES入ったよ。見に来んね?」
「行きます行きます、明日行きます」

もう最初っから、買うつもりだったので早速取り付けてもらった。
カッコイイ。

ハッキリ言って猫に小判は否めませんが、メチャ嬉しい。

夕方になり、イワイを出ると、バス停の前で向こうから高いヒールをはいてモンローウォーク気味なおねえちゃんが歩いてきた。
怖いので、大きくよけようと止まりそうなくらいゆっくりと小さな段差を乗り越えようとした。
ずべし。
腹這いに転びました。大丈夫、ちょこっと膝がすりむけただけです。

インプレですか?
ええ、良く転がることはわかりました(;。;)。
多分、ESつけて一番最初に転んだ一般人じゃなかろーか。

鈴鹿も終わって

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
wataru 2005-8-30 10:04
無事鈴鹿もおわり、月曜からちゃんと仕事してます。
先週の台風のおかげで、ちょっとだけ涼しくなったので自転車通勤が気持ちいいです。

鈴鹿は、みんな大きなケガも無くとても楽しんでもらえてヨカッタ。

で自分の成績は・・
初日
・チームロード39位/224チーム(ねこバスさん・ROMEO君助っ人ありがとう!)
・2時間耐久 スタート3周回った後、夕飯の買い出し( ・∀・)
2日目
・個人(オープンIIIB2)
4週目まで順調に先頭集団にいたのですが、途中2度目の落車の影響で後退、先頭集団から離れてしまいました。
まあ、落車を上手くよられたのでケガ・自転車の故障がなかっただけでもよしとしなくては。
ただ、チームロードの時、減速してコースサイドに入る直前に追突されてしまいました。LOOKのブレーキレバーに初キズがぁぁぁぁ(ToT)

アルバムアップしました、MASAKOちゃん送信ありがとう!

・・・・・・アレ、自分が写ってる写真があんまり・・ほとんどない
写ってても、着替え中とか、ひどい顔(´・ェ・`)
集合写真もメンバー足りないような(Y村、MASAKOちゃん、自分)
・・・だいたい集まってたって知らんかった(´・ω・`)ショボーン

来年はみんなゴハン手伝ってください

秘密兵器完成

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
wataru 2005-8-16 15:30
バレバレだったのですが、秘密兵器はLOOK KG-481SL フレーム&デュラ10速セットです。
引っ越し後、落ち着いたから、買っちゃいました( ・∀・)
(引っ越しで金銭感覚がマヒってると言う人も・・・ ̄/ ̄)
自転車歴20数年・・・初めての外車です( ;∀;)クセツ20ネン


こんなフレームです。






ヘッドマーク
ピエト・モンドリアンの"Composition in Red, Blue and Yellow"(赤・青・黄のコンポジション)をモチーフにしたLOOK社のロゴです。85年?ラ・ヴィ・クレールチームのジャージカラーにもなりました。
ステムはハンドルにあわせてITMミレニアム



いっぱい"LOOK"って書いてあります。






ハンドルは、イワイアルミに付けていた「ミレニアムカーボン」をそのまま使用。






デュラのクランクBBシャフト一体で軽い( ・∀・)






組み立てました。ホイールは手持ちのキシリウム(タイヤがきちゃない・・交換予定)
普段履きはコスミック・アルミになります。





サドルはフィジーク・アリオネ、シートポストは激軽のUSEエイリアンです。・・エルゴポスト2がフレームにおまけで付いてるんですが・・・自分のサイズだと三角の部分しか上に出ない→カッコ悪いので交換!(≧ο≦)人(≧V≦)ノ




シェイクダウンレポートはまた後日

秘密兵器?

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
wataru 2005-8-13 18:10
発注してた鈴鹿用秘密兵器(・・・ってわけでもないが)が届きました



中身はこれと


こんだけ

はとチャリツアー

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
wataru 2005-8-11 10:53
日曜日、自転車が好きの掲示板・初音鮨で知り合った方と、朝6時より皇居北側、竹橋交差点で待ち合わせ、皇居を周回しました。(部屋を5時出発)
左側に皇居を見ながらぐるぐると周回、さすがに日曜の早朝、車もかなり少なかった。
最初はゆっくりしゃべるくらいのスピードで走り、信号位置やタイミングを見計らう、タイミングが判ってきたところで一周ダッ??しゅ・・・・と思ったら、登りの途中の信号でひっかかり、いきなりどん詰まりo(`ω´*)oダルダルになってしまった。

その後はぼちぼちと走り、周りをよく見ると桜田門「警視庁」、「イギリス大使館」、そして「国会議事堂」!そりゃ日本の中心ですなぁフ━━━( ´_ゝ`)━━━ン!!

7時過ぎ頃にその方と別れ、東京のロード練習のメッカ自転車大井埠頭に行ってみる、途中「東京タワー」を見ながら南へ進む、羽田からモノレールに乗られてる人は判ると思うが、大井競馬場の東側(反対側)が大井埠頭です。
聞いた話では、9:00頃からたくさんの自転車乗りが集まり、大集団を形成してほぼレース状態になるとのこと。少し時間が早かったのか(8:00)まだ、そういった大集団にはお目にかかれなかった。

とりあえず4?5人のグループの少し後方につき、1周回ってみた。道はかなり広いし、日曜なのでトラックはほとんどいない(ここはトラックターミナル)一周は約9km弱あるので存分に走れると思う。
3周ほど回って時間が来たので帰路についた。

大井埠頭から部屋まで30km・・往復60kmちと遠い( ・∀・)
この日の走行距離132km

”はとチャリツアー”

皇居

国会議事堂

東京タワー

六本木ヒルズ

とびうめ国体コース

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
wataru 2005-8-2 13:30
「とびうめ国体・自転車ロードレース競技コース」
久留米〜杷木〜小石原〜嘉穂〜八丁峠〜秋月〜甘木〜久留米
今では、「福岡センチュリーランコース」としておなじみの、そのショートカットバージョン
久留米〜杷木〜小石原〜江川ダム〜秋月〜甘木〜久留米

PARABOLA隊長はじめ、自分たちがこのコースを「国体コース」と呼ぶのは、平成2年の開催の「とびうめ国体」の自転車ロードレースの、正式コースだったからです。ちなみに、福岡センチュリーランのコースは、「すったく(ずる)国体コース」と呼んでました…(-_-)(_- )!(- )

自分がこのコースを初めて走ったのは、昭和63年高校1年の夏の初めの自転車部ロード練習会で、顧問の先生が「福岡国体に使うロードコースの試走をする」とのことで、長距離志望者を約10名をつのり練習に出発しました。(自転車部は当時総勢40数名いた)
入学に先立ち、春合宿で甘木・秋月を中心に走り込んでいたんですが、メーターを付けて一日に100km超を走るのはこの時が初めてで、強者の先輩たちも一緒に走ったのですが、暑さとインターハイ直後ということもあったため疲れいたのでしょう、先輩方は、次々に先生の車に乗り込んで交代で休憩を取ります。しかし下っ端一年生は、車に乗るという甘えは許されず、自力で走るしかありませんでした(つд⊂)

結局、その時に全行程を完走したのは、自分ともう一人の同級生の二人だったと記憶しています。ご褒美で、当時イワイの隣にあったレストラン「ナポレオン」(ふる?!)みんなでステーキを食べさせてもらったのが嬉しかったですヽ(´ー`)ノ
その日家に帰り、階段を下りるとき意志に関係なく膝が「かくっ」となる感覚・・初めての長距離を走ったあと誰もが一度は味わったのではないでしょうか?
その後、合宿や練習会でこのコースを自転車部員で走り込み、コース・距離の微調整が行われ、平成元年の「都道府県対抗」(プレ国体)を経て 平成2年に無事「とびうめ国体」が開催されました。

本番大会に、自分は八丁峠頂上にて「5分足切り」を行う審判として参加させていただきました。
自衛隊の協力のもと次々に入るレース状況を無線で聞かせてもらい、いざトップ選手が峠への最終コーナーを立ち上がって登り切ってきたときの迫力は今でも脳裏に焼き付いています。
また、峠の登側(嘉穂側)には、サポーター・自転車ファンの手により、ヨーロッパレースをまねて、路上に「MITANI」(福岡代表 三谷選手)や「NAGANO」(熊本県表 永野選手)の文字がマーキングされ、たくさんの人で賑わいました。そのマーキングは何年か前まで消えずに残っていましたよ。

数年たったある日、練習でこのコースを走り、小石原民芸村で休憩していたとき、陶芸家の人に話しかけられました。とびうめ国体の日に嘉麻峠より嘉穂へ下る選手たちを見られたとのこと
「あれは、ほんに美(うつく)しかった!」
ツールのTVを見て、フランスの自然をバックにプロトン(集団)が走る様子をあこがれていたが、この福岡でもそういった光景を見るチャンスがあったんだな?と感慨深げにおもった次第です。

地図ソフトで、当時の正式なコースをトレースしてみました。
1回の検索でうまく行かなかったので分けてます。(PDFファイルです)

・当時の「とびうめ国体」のコースをほぼ完全にトレース(約117km)
地図1百年公園〜小石原
地図2小石原〜秋月
地図3甘木〜朝倉〜神代橋
地図4神代橋〜百年公園

・甘木?久留米を国道322号線を通るルートです(通常PARABOLAが練習しているコース約105km)
地図1百年公園〜小石原
地図2小石原〜秋月
地図3B秋月〜百年公園(R322経由)

・福岡センチュリーランコース(約89km)
※久留米?杷木間を筑後川サイクリングロードを使用
地図1百年公園〜小石原
地図2B小石原〜江川ダム〜秋月
地図3B秋月〜百年公園(R322経由)

宇都宮紀行「灼熱の復路編」

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
wataru 2005-7-28 11:50
遅くなりましたが?(__ ) ハンセィ 宇都宮行きの復路編です

「灼熱の復路編」というか、補給の記録編ですね( -人-).。oO

6:10
本当は、ダブルボトルにしたかったが、片方はパンク修理道具が装着してあったし、予報が「曇り」だったのでシングルボトル(空)で出発。

6:30
約10km地点 でボトルに給水(自動販売機)

9:00
60km地点 のコンビニ(1回目)でウイダー&ドリンクを購入

10:00
約90km地点 ボトル切れたので、スポーツドリンク・ミネラルウォーターとドーナツを購入(コンビニ2回目)
気温は体感で30℃ないくらい、「今日は曇りって言ってたから一日こんなもんだろう」と思っていた。


10:30 宇都宮着
意外と早く(実走行時間は3時間半)到着したので、「餃子でも食べるか」と思ったが、すでにかなり気温も高くなってたし、こんなタイミングで油物を胃に入れたら帰りにバテバテになると思ったのでキャンセル━━(´・ω・`)━━。さっさと戻ることに。

・・・容赦なくどんどん気温は上がっていく・・
「確か、曇り時々雨じゃなかったっけ・・アツ━━(´Д`υ)━━・・・ 」
その間、ミネラルウォーターを、後頭部?首筋にかけたり、飲んだりしていた。※脳幹を冷やす効果があるので、熱中症対策にいいらしい

12:00
宇都宮を出て、20kmほど走った、2回目のコンビニで買ったミネラルウォーターも、既にお湯になっていたので補給&昼食もかねてコンビニへ(3回目)
かなり身体が熱を持っている、冷却せねばと、「ICE BOX」と「バブルマン」、ミネラルウォーター、おにぎりx2、甘いパンを購入。

店内の冷房は心地いいが、コレに身体が慣れたら走れなくなるので、コンビニ横の50cm位しかない日陰で食事「ICE BOX」に「バブルマン」を入れて口に入れる。
「く?冷たい( ・∀・)」 一気に体温が下がった気がするが、外の温度は相変わらず異常に高い。
食べ終わって水を頭から水を浴びたかったので、水道の蛇口を探す・・・ぜんぜん無い(つд⊂)エーン
仕方ないので、ミネラルウォーターをちょっと頭にかける(ToT)
13:00 出発

空は完璧にピーカン照り (´д`)
直線が長いところは、気温で先の方がぼやけて見える。
水分補給だけは欠かさないように、また頭部への水かけも頻繁に行う。
暑さと、軽い向かい風のため全然ペースが上がらない、また無理に上げても、やばいと感じたので慎重に進む。
往路で遭遇した事故現場を通る「自転車の人、大丈夫かな?」

14:00
既にミネラルウォーターは、完全に「お湯」かぶっても、飲んでも全然すっきりしない。
4号線を抜ける前あたりで再度コンビニへ(4回目)
ミネラルウォーター、ボトルのドリンク・ウイダーを購入
さっさと出発する

利根川大橋を渡り、国道4号線外れを大宮に入る。県道3号線は相変わらず、歩道と車道の間がない、往路では気づかなかったが周りにお店が多く、買い物の車の出入りも多く走りにくさに拍車をかけている。

15:00ごろ
そのおかげでさらににペースは落ちる。車の多さにうんざりしながら
県道3号線の終点近くピットイン(5回目)
どーしても冷た??いコーラが飲みたかったので、かち割り氷&コーラを購入、かち割り氷の半分を、お湯ドリンクと化したボトルに投入!氷はみるみる溶ける。残った半分にコーラを入れ、一気に飲み干す・・・
「後頭部がぁぁぁ・・・・でも冷た?い(^。^)」


県道17号線へ入った。
さ・ら・に・大・渋・滞
久留米人の自分から見たら「大」渋滞だが、東京・関東の人は当たり前なのだろうか?
片側3車線の道路が、めいっぱい埋まりほとんど動いていない。車と路肩のわずかな隙間を慎重に進む、暑さのため、併走する走りやすい道を探す気力もない。行きの事故のこともあったので、横断歩道、歩行者、バイクに最新の注意を払いながらをゆっくり進む。

らちがあかないので、ケータイのナビを頼りに、測道にそれてみたが2kmも進まないうちに元の道に戻ってしまった(゜◇゜)ぜんぜん進まん。

16:00

どうにか200km達成!この辺では、渋滞は若干緩和されていた。
程なくして、荒川・笹目橋を渡る、久留米で福岡方面から帰ってきたら筑後川を見る感覚に何となく似てうれしい、真ん中のアンテナの向こうに見えるたか?いビルが、池袋「サンシャイン60」です。



板橋に入るが・・・帰り道を間違い少し遠回り Σ(´Д`lll)
最終的には、走行距離 213kmとなりました。

16:30 帰着

引っ越してすぐは買い物荷物の持ち運びに困っていたため、「余裕出来たら車がほしい」とか思っていたが、渋滞を見て「やっぱいらん、買い物は通販しる!」と心に決めた。
でも、レース・イベントに行くときは、欲しいかも・・・

日焼けの痕ショボーン━━(´・ω・`)━━
[ HOME ] [ NEWS ] [ BBS ] [ ALBUM ] [ BLOG ] [ LINK ]