メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

ブログ カレンダー
« « 2019 9月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
カテゴリ一覧
ブロガー一覧

(1) 2 »

  • カテゴリ 自転車 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

日記帳 - 自転車カテゴリのエントリ

宇都宮紀行「波乱の往路編」

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
wataru 2005-7-19 18:40
5:00に起床し、洗濯などしつつ朝食をほおばる。

6:20
前日に、地図ソフトであらかじめ作成しておいたルート図を握りしめ板橋区をスタート。
荒川の笹橋目を渡り茨城県に入る、しばらくは新県道17号線・新大宮バイパス(首都高5号線の下)を走り北へ向かう。
高速の下は、上下全て3車線のため福岡都市高速の下(新3号)よりすごく広く感じる。
早朝の時間帯のためか、まだ車はまばらにしか走っていない。

この先の大宮バイパスには、立体交差など自動車専用の部分が多いので、町中の"旧"県道17号線へ
大宮駅を右に見ながらさらに北上、県道16号線にぶつかり、そのまま県道3号線へ、15km進む
※こっちの人って、3号線って言ったらこの道だろうなぁ、九州じゃ"国道3号"なのに・・

途中「熊谷」方面の案内板がある、たしか熊谷は、ニュースでいつも、最高気温が高いとろだ。
と思ってニュースを検索したら「関東から中国で梅雨明け、埼玉・熊谷で36.2度」とか出てた・・暑い━━━━(´Д`υ)━━━━・・・

8:30


県道3号線を曲がり、程なくして国道4号線へ、「これって(九州の)3号線とはつながってないよな?」
と思いつつ、すぐに利根川にさしかかる。
渡ったのは「利根大橋」、筑後川にかかる3号線の橋が「筑後大橋」・・
主要な国道にかかる橋は、川の名前+”大橋”となるんかいな?
利根川の川幅は、筑後川の広い所よりも1.5倍くらいある、橋がいつまでたっても終わらない。
この付近には、釣り人や、水上バイクなどは見られなかった。

あとはひたすら4号線を北上、東北新幹線、JR宇都宮線を右手に見ながら走っていく。
片側1車線の4号線は意外と走りやすい。
道幅(片側)だけでも、車1.5台分+1mくらいと余裕がある
片側2車線以上ある道は、舗道と車道がほとんど無かったし、速度も速いので、トラックに追い抜きされるときはヒヤヒヤ物だった。


9:00
茨城県古河市を抜け栃木県小山市に入る、小山市内に入り、小さな交差点で信号待ちしていると
横断歩道を右手から自転車が渡っている、左の測道から車が右折して来る・・

ドン!

車が、自転車をはねとばした━━(゚Д゚;)━━━!!
ロードを投げ出し、はねられた人に駆け寄る。
対向車線の車の人が降りてきて、はねられた人を一緒に歩道へ運んだ、事故車の運転手が、車から降りてきた。
自分は運転手に「救急車呼びますよ?」と確認し、119へTEL・・・と思ったら110にかけていた(;・∀・)
この際どっちでもいいやと、警察に、現場信号・状況と自分の名前をつげ、救急車の手配も頼む。
・・あっという間に救急車・・いや、警察の事故処理車が先に到着?
「先に救急車やろ」とおもってたら、警察署は50m先とのこと、南の方から救急車も来ている。

はねられた人は外見上傷はなかった、横になっていたがしゃべっていたので、意識はあるようだ。
自分は警察に、事故時の状況・110番の連絡をしたこと確認
被害者が救急車に乗るのを確認していたら、もういいですよとのこと。
車の運転手は調書を取られているようだ。

信号は「○○○○病院入口」、事故車の運転手はその病院の職員らしい、
「夜勤明けで不注意でした」と自転車の人に一生懸命お詫びしている。
さらに自転車の人は、その病院の患者さんのようだ。

警察官に「どこまで行くんですか?」と聞かれ、「宇都宮です」と答える「気をつけて下さいね」と警察官
自転車にまたがり再び宇都宮を目指す。

10:30
トラブルもあったが、少しの追い風の為か予想より早く宇都宮市内に入れた。
メーターは平均28kmを差している。
市内に入ってすぐに走行距離が100kmをこえた。


この辺りからは、出張中何度も通った道、まっすぐに宇都宮駅東口の「餃子の像」へ・・・やっぱり何度みても小さい(`・ω・´)


自転車の事故にも言えるが、事故が起きるタイミングの一つに「集中力が切れたとき」があると思う。
この事故も、もまさに「夜勤帰りで集中力が切れていた」のではないか。
車を運転するときはもちろん、自転車に乗るときも、集中して乗るようにしたい。

「灼熱の復路編」はまた明日・・・・(´・ω・`)

仲間

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
wataru 2005-7-12 23:30
Nacoさんのサイト"mas ciclismo"を覗いてて、目頭が熱くなった
http://masciclismo.web.infoseek.co.jp/race/race.html
ツール・ド・フランス
第6ステージ、単独アタックを行ったがラスト1km切ったところで落者したマンジャン選手
翌日の第7ステージ、第8ステージでの回りの選手・他のチームの優しさがすばらしい。

ツールはこんな男達が走っている、自転車をやっていて心から誇らしげに思えました。

ツール・ド・フランス 1985?1991 7YEARS BOX

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
wataru 2005-7-6 14:10

parabola.jpは、自前サーバーだから、安いレンタルサーバーにあるような、強制的に入る広告などはないが、このDVDだけは、自転車を始めた頃を思い出させる熱い物がこみ上げてきたので紹介したい。

ツール・ド・フランス 1985?1991 7YEARS BOX
Amazon
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0009RB77Y/249-8516134-6533143
いまでこそ、スカパー!でリアルタイムの中継を見ることが出来るが、
管理人が中学年生の頃、初めてツール・ド・フランス(というか海外レース)というのを映像で目の当たりにしたのが、当時のNHKの映像でした。

1985年、日程的にいうと丁度ツールが終わった8月初旬に放送があった。
タイトルは「世界最大の自転車レース」

その当時の王者”ベルナール・イノー”が史上3人目のツール5勝目をかけ激走する姿を追う
ゴール直前のスプリントで落車に巻き込まれ、鼻の骨を折り顔面血まみれの姿でゴールする姿は今でも、自分の脳裏に鮮明に焼き付いている。
そのアクシデントにもかかわらず総合優勝あげるイノー。
1時間程の編集された番組だったが、ロードに乗り始めたばかりの中学生の自分の心をとらえるのには、十分すぎるほど凄い内容だった。
再放送でビデオに録って、何度も何度もテープがすり切れるほど見た。多分、実家を探せばあるとは思うが、DVDで残せるのはなんとも嬉しい。

今思うとNHK的な淡々としたドキュメンタリータッチで編集してあるが、またそれが良い部分でもあると思う。
その後6年分の説明は、上記サイトを見て下さい(≧ο≦)
ツールの歴史資料としてはもちろん、ロードレースの入門映像としてすごく価値のあるDVDだと思います。

早速注文してしまった(`・ω・´)

初・初音鮨

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
wataru 2005-7-4 13:40
前回の予告通り、2000年ジャパンカップの時にお世話になった方々とお会いするために銀座・初音鮨さんへ
ジャパンカップの時は、自分は仕事の都合で早く帰ったため来店することは出来ませんでしたが、古賀さんが行かれて、それから東京に行く都度寄られていたとのこと。
事前に掲示板でお知らせしていただいたこともあり、総勢7人の自転車猛者の方々と、周辺の練習コース、ツールのことなどを楽しく話すことが出来ました。

しかし!極めつけは、酔った勢いで「東京?大阪を走る!」と言ってしまい、本当に実行された方のツーリング記録!
6/18(土) 0:00出発→6/19(日) 9:00 までノンストップで走られたとのこと!?( ̄□ ̄;)ナント!!
総走行距離568Km所要時間33時間 すごすぎる・・(・∀・)!
道中の写真に到達距離・通過時間・コメントを入れたアルバムを持参されていて、中には真夜中の箱根、鈴鹿峠の写真も。
そして、新幹線で東京に戻られて月曜には普通に仕事をされたとか(゚Д゚)
まわりの方が「次はwataruサンと福岡まで行ったら?それじゃあ復路は古賀サンもつれて東京まで」とのこと・・
「何日かかると思ってるの(゚Д゚ )?」
しかし、このお方のモチベーションの高さには感服させられました<m(__)m>

初音鮨さんのお店の様子と地図はココが詳しいかな?

その後、練習したい!と訴えていたら、朝練のお誘いをいただき、
昨日(7/3(日))は、自宅を出て世田谷方面へ・・約20kmの三軒茶屋・三宿というところに
練習の集合場所にしてはちと遠かった(~o~)今まではせいぜいイワイまで2Kmくらいだったのに(つд⊂)
5時過ぎに部屋を出て、少し道に迷いつつ、10分遅れで到着(6:00集合予定)
やはり、都心・関東平野というだけあって、軽いアップダウンはあるものの、ほぼ平地
高台にある住宅地への激坂をつかい「詰めスプリント」など、内容の濃い時間を過ごし
再び、三宿の集合地点に戻り、自分は新青梅街道を西へアベ25km/hくらいの、のんびりペースで横田基地まで往復し、14時くらいに帰宅しました。

ツール・ド・フランスが始まりました!
自分はケーブルテレビの契約したので全ステージばっちりチェック予定です。
みんながしてる黄色いわっか「LIVE STRONG」当然、本人がしてる姿を拝むことが出来ます。
スカパー!チェックできない人のために、情報サイトを集めてみました。(後でリンク集に登録します)
本家本元サイト(残念ながら日本語はありません)
http://www.letour.fr/
スカパー!JSPORTSのサイト
http://www.jsports.co.jp/style/
サイクルジャーナリスト砂田 弓弦 氏のサイト
http://www.yuzurusunada.com/
mas ciclismo (選手個別の最新情報が掲載されます 絶対オススメ!)
http://masciclismo.web.infoseek.co.jp/
EzWeb向けサイト(AU携帯※有料)
http://fotociclismo.com/

4時起きだったので1日が長かったなぁ(ω・´ )━━(・ω・´)━━

メカニコ・ジロ

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
wataru 2005-6-13 9:20

今日は、前回の写真の通勤用チャリの紹介をちょっと
スチールフレームの"meccanico giro"(メカニコ・ジロ)号、パーツは以前使っていた、デュラエース8S、リム・タイヤのみ先日新調しました。(サドルも替えたい・・)

"meccanico giro"とは、イワイ公一店長の弟さん、岩井正二郎さんが興されたブランドで久留米市山川町・神代橋の近くに工房を構えられています。PARABOLAジャージの左肩に入るヘッドマークがまさにそれで、TEAM PARABOLAオフィシャルバイクです。

大学卒業後、中野浩一選手も駆る「ナガサワ」で4年間を過ごされ、単身イタリアに渡り、ジャンニモッタ(ジロ・デ・イタリア優勝選手の工房)で2年間修行された後、最初は久留米インター近くの工場を借りて始められました。
「meccanico」とは、イタリア語で「整備士」「メカニック」といった意味、「giro」は、ご自身の名前が「しょう"ジロ"う」だったのでイタリアにいた頃、「ジロ」と回りの人から呼ばれていたのと、ご存じ「ジロ・デ・イタリア」から取られたそうです。帰国後はソウル五輪に行かれたのを始めとして、毎年の世界選手権・ワールドカップに日本ナショナルチームのメカニックとして、世界各地に帯同されることもあります。

作成される自転車は、競輪選手が主な顧客なため、ピストフレームが大半を占めます。アルミ・カーボン全盛の現在ではロードフレームを作られることはほとんどありませんが、今のロードバイクにはない独特の美しさを醸し出すスチールフレームは一見の価値があります。
写真の自転車のオリジナルモノステーの工作は、自分が気に入っているポイントの一つです。

この自転車(フレーム)には思い入れは深く、出来たのは15年前になります。
大学生になりたての頃、自分がコンピュータが得意なを聞かれて「パイプの寸法を計算するプログラムを作ってもらえないだろうか?」と正二郎さんに依頼され作成し、そのお礼としてこのフレームを頂きました。

※余談ですが、この寸法計算プログラムは、自分が今の仕事をするきっかけとなりました。
最初の就職に失敗し、転職の面接の時に偶然ながら、正二郎さんと旧知だった(久留米の会社の)社長に「あの岩井さんのプログラムあんたが作ったと!」となり、現在にいたります。

1度の塗り替え、そして、イワイカップでの落車時にトップ・ダウンチューブに亀裂が入ったので、とりあえずパーツバラしてフレームだけを工房に預けた。
そして2週間後『だいぶ(6?7年)乗ったし、そろそろ新車をお願いしよう』と決意してに工房を訪れた。

「こんにちは、あの?」
「ワタル!フレーム修理したぞ、トップ・ダウンチューブ替えてシートステーも新しかロゴのやつに替えたけん、ほとんど新車ぞ」?(◎o◎)/
「今日は新車ば、お願いしようっておもたんですけど?」
「これでよかろーもん、色はどげんする?」
「前と一緒でよかです・・・(`・ω・´)」
「ロゴは新しかとでよかろ」

カーボンや、アルミでは、ちょっとした破損でも廃車になりかねません。こうした修理は、スチールフレームならではですね。
こうして、1990年に作って頂いて、その後2001年まで乗り、数多くのレース等に出場しました。
そして、今回復活させ、またこれからも大切に乗っていこうと思います。

4年前にイワイのSC61.A アルミ・バックカーボンに乗って、「超カタイ!」と感じたのものいまではすっかり慣れました。しかし、このジロ号に乗ってみて改めて、スチールフレームの乗り味の良さを感じています。

オーダーフレームを作るにあたって、この寸法で作ってくれ!と言えばもちろん出来ます。
しかし、ビルダーと相談し、体の寸法を計ってもらい、どんな乗り方をするのか、どんなレースに出るのか?を相談し、そのビルダーの経験でオーナーに合った自転車を設計してもらうのがオーダーフレームの本来の楽しみです。
シート・トップチューブが同じサイズのフレームでも、ハンガー下がり、シートアングル、ヘッドアングル、オフセットによって、乗り味が全然異なる自転車が出来上がります。
機会があったら、皆さんもオーダーフレームに挑戦してみてはいかがでしょうか?


・・やっと自転車チームのホームページらしい内容が書けたかも(`・ω・´)━━━!!

PS自転車通勤始められたと思ったら関東も梅雨入りですと(>_<)ヽ ナケルゼェ

初!自転車通勤

カテゴリ : 
自転車
執筆 : 
wataru 2005-6-10 11:10
さて、楽しかった壱岐もおわり、自分は東京生活の第2ラウンド
(と言っても、前回は1週間だったんですが・・(´・ω・`))

帰ったその晩に、会社事務所にスーツ・靴などを置いてきた。そしていよいよ、翌朝”初”自転車出勤!とあいなりました。
アパートを出て、電車通勤・徒歩の人たちを颯爽かわしていく。川越街道へ出たとたん・・・車車車・・車も多いが、バイクもかなり多い。ほとんどの、自転車は歩道を走っているが、当然自分は車道を走る。
さすがにこの時間帯で路駐は交通妨害になるので少ない、左車線も、ガンガン車が飛ばしている
夜走ったときにも書いたが、やはり信号が多い、信号ダッシュするつもりはないが、バイクに後ろに着かれたときはダッシュしないとひかれてしまうし・・ヽ(ヽ´Д`)ヒイィィィ!!。

”ライバル出現!でペースアップ?”とか思っていたのだが、わりかしゆっくり目に行ってたのに、他の自転車に抜かれることはなかった。
会社までの道は下調べしていたが、2度ほど迷いました(山手線をこえる所がワカランかったです(つд⊂))
帰りも、車の多さは変わらず。全体的に登りなので少しペースは落ちる。
川越街道は(東京から)下り車線の方が道幅が若干狭いようで、車と歩道の隙間が少ない所が多く歩道に上がらざる得ない所が多かった。

とにかく、危険で走りにくい。集団走行なんてとんでもないです。
他の車の少ないルートを開拓せねば・・排ガスで鼻毛が伸びそう( ´・・`)・・


壱岐で、落車された方が亡くなったとの事ですね。
同じ自転車競技者として心からご冥福をお祈りします。

高校時代に、自転車競技で有名他校の先生が「落車は最低だ!」と厳しく指導されたことがあった。
その時は「なんかあったら、こけるやろーもん」とか思っていたが、
最近になって、厳しく言われたその意味がわかってきた。
自転車に限らず、事故に遭うこと、怪我をすること、痛いのは自分だけだが、
周りの人間にどれだけの迷惑・心配をかけるかを自覚して自転車に乗るように心がけたいものです。

安全の為にちゃんとヘルメットしてます!
[ HOME ] [ NEWS ] [ BBS ] [ ALBUM ] [ BLOG ] [ LINK ]