メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

ブログ カレンダー
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
カテゴリ一覧
ブロガー一覧

(1) 2 »

  • カテゴリ イベント の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

日記帳 - イベントカテゴリのエントリ

eddy 旅行で面白い話し

カテゴリ : 
イベント
執筆 : 
EDDY 2015-11-3 16:18
旅行2日目の朝
 添乗員さんから
 昨日有るお客さんから
 「あの2人不倫旅行ですか?」
 と聞かれたとか
 「いいえ親子ですよ」
 と本当の事を答えられたのですが
 「そうです」と言っとけば面白かったのに、と私
 「それにしても仲がいいですね」 と多くの人から言われましたが
 二人して大笑いでした

 何個か試作したロードエンド・・・・ストッパー
 最終型と言う物が出来ました
 通勤号に付けてテスト中です
 
 
 
 

壱岐レポ2

カテゴリ : 
イベント
執筆 : 
wataru 2008-6-14 18:30
その1からの続きです。

前日の深酒も無く、休養十分で翌朝は起き留事が出来ました。

自分は、車を大谷体育館(ゴール地点)に運ぶ役目のため7:30に宿出発
8:10頃スタート地点到着&出走サイン
さすがにその頃は、スタートが37/40列目・・・orz

スタート前、アップもしてなかったので最後尾ででくるくる回ってお茶を濁す。
並んでもほとんど変わらないので最後尾スタート。

...続きを読む

壱岐レポ1

カテゴリ : 
イベント
執筆 : 
wataru 2008-6-14 18:20
飛行機は定時で福岡空港に着陸。タクシーに乗り博多港へ。
去年は、都市高使ったけど今年はその必要も無く下道で向かう。

途中、Y村に状況確認の電話
Y「まだ船には乗ってませんよ、それよりKINGその辺に居ませんでしたか?」
わ「すぐタクシー乗ったけんワカランばい」
Y「迷ってるみたいなんですよ」

...続きを読む

壱岐へ〜準備OK

カテゴリ : 
イベント
執筆 : 
wataru 2008-6-6 23:31
4:30起床
5:10出発
地下鉄
山手線
モノレール
6:40羽田着
7:30羽田発

9:15福岡着
タクシー(ココが勝負!)
10:00 博多港発

12:20 壱岐郷ノ浦港着

陸海空制覇予定

て〜も〜OK
荷造りOK




3つ目買ってしまいました


では皆さん、明日船上で!
おやすみなさ〜い!

大分サイクルフェスタ

カテゴリ : 
イベント
執筆 : 
MASAKO 2005-10-17 22:46
壱岐、鈴鹿とロードレースの応援に目覚めてしまったMYプロ三姉妹。
大分で行われるサイクルフェスタにねこバスさんが出ると聞きつけ、同じ日にセンチュリーランはあるけれど、こりゃあ応援に行かんとネ!と意気込み、ついでにレディースカテゴリーに出場することにした。
まずは、応援。
エキスパートクラスにエントリーしたねこバスさん、サトチャン(これでいいのか??)、グッチさんの応援に力が入る。
なるべく多く声をかけたくて、自転車を使ってコースを行ったり来たり。
ねこバスさんが先頭に立ったりしたときは、もう狂喜乱舞。
壱岐や鈴鹿を思い出して、応援しているだけで鼻がツーンとする。
「グッチー!!がんばれー!!」
声が聞こえてるのか聞こえてないのか首をブルブルとふるグッチさん。
なんだか、非常に「らしい」振る舞いである。
「大丈夫(笑)!!まだイケルーー!!」
サトチャンは、事故にあった直後で骨にヒビが入っていたため、上半身が呼吸をする度痛んだそうで、7週にてレースを終えた。
ケガが治ったあとの次回のレースが楽しみですね。
ねこバスさんとグッチさんは、第二集団にてゴール。
みんな本当に格好良かった(いつも言ってるけど)。
でも、奇声をあげて応援してるのは私達くらいで非常に目立っていたような気がした。。。

「ホラホラー、MASAKOちゃん見て見てー??」
昼食を食べてレースへの準備をするなか、mamiちゃんが、ケイタイに保存した鈴鹿の隊長のカキコミを私に見せた。
「オオー!ちょっとmamiちゃん、朗読して!!」
「うん、イイよォー!」
mamiちゃんの声を聞きながら、鈴鹿を思い出す。
「mamiちゃん、これからレース前は必ず読まなやね。頑張ろう」
「うん、ガンバロー!!」

レースは始めてのローリングスタート。
スタート直後だけyumiさんの後ろという良い位置につけていたが、下りはやっぱり怖いし、みんな早い。
後ろから来たmamiちゃんはMASAKOちゃん行くよーといいながら追い抜いていった。
コース最後の急な坂でシフトダウン仕損ね、ブルブルしながらやっと登る。
いつもながら遅い私だけれど、それでも頑張った。
気管支が痛くなってくる。
どうしても早くなってしまう呼吸を押さえ、深い呼吸を心がける。
水を飲むとその後の苦しさに飲まなきゃ良かったと思う。
4週目、5週目はMTBの人達が遅れ始め、何人か抜くことが出来た。
そしてゴール。
あっという間だった。
ヨロヨロと自転車を降りると、しばらくうずくまって、鼻をすするしか出来なかった。
結果は、Yumiさん3位、Mamiちゃん4位という好成績。
私は、7位だったか8位だったか。
でも、完走できてタイムが残ったから満足。

とても楽しい1日だった。
みなさんありがとうございました。

英彦山ヒルクラ

カテゴリ : 
イベント
執筆 : 
MASAKO 2005-9-27 22:57
宙を舞って2週間。
Yumiさんとの綿密なやりとりや(一番深かった肘の写真を毎晩メールで送りつけた←ひどい)、23日に太宰府までサイクリングに出かけてほぼ大丈夫だったことから、若干ふとももに腫れが残るものの、問題なしと判断、英彦山ヒルクライムへの出場を決めた。

登録選手のスタートを見送った後は私達の出番。
マウンテンバイクカテゴリーの人達がずらりと前にいるために、スタート直後何人かが前に出て行ったが、私は完走狙いなので流れに沿ってスタートした。
しばらくmamiちゃんの後ろにつくが、戸立峠あたりでだんだん離されていく。
シフトダウンしようとしたが、すでにギアは使い切っていて、足は遅くなっていくばかり。
なんでー、っていうか、本格的な登りはこの後なのにヤバイばい!
と思いながらやっとこさ登り切り、恐怖にブルブルしながら下っているとBちゃんさんが寄ってきた。
ついていこうとギアをアウターに戻そうとしたら、ありゃ、動かない。
どうやら、今までアウターで登ってきたようである。
ってことは、完走できるかも?!と一気にうれしくなる。
しばらく、Bちゃんさんにドラフティング。
ものすごく安心して下ることが出来た。

「ここから、ホントの登りよー」
Bちゃんさんの言葉にウエーと思っていると、見慣れた後ろ姿が。
Mamiちゃんである。遠くにはyumiさんも小さく見える。
追いついたーと思ったが、
「息を大きく吸うと楽になるってROMEOくんが言いよったよ!」
と言うとMamiちゃんは大きく息を吸い、あっと言う間にいなくなってしまった。

それからは、まあ、いつもの一人旅。
それでも、後で後悔しないようなレースをせんといかんよとの隊長の言葉を思い出し、一生懸命ペダルを回す。
結果は66分12秒。
自分としては、満足の結果であった。

早く完全になおって、また自分のペースで頑張って行けたらなと思う。

志賀島サイクリング

カテゴリ : 
イベント
執筆 : 
MASAKO 2005-9-6 20:59
今日は、台風で会社全体が午後休となりました。
めずらしく、平日にブログが書けますネ。
と、いうわけで。

日曜日。
志賀島へサイクリングに行って来ました。
6時45分、yumiさん私の自宅に到着。
Yumiさんの車の後部座席を倒して、毛布を2台の自転車の間に挟んで乗せました。
おお、イイ感じ。
「女二人、朝っぱらから車に自転車積んで、パラボラジャージ着て、なんか笑えるー」
などと言いながら、箱崎宮に向います。
駐車場への入り口がわからなくって、周辺をぐるりと一周したけど、無事到着。
トイレに行ったり、自転車の準備をしたりしていると、パラボラのみんなが沢山集まってきました。
「じゃあ、今日はパラボラみんなで一緒に行きましょうか!」
ということになり、いざ出発。
3号線を進んでいるときはゆっくりペースで心地よかったけれど(いやバスは相当怖い)、
ボウリング場(かつてはここの常連)の角を曲がり始めた頃から一気にペースが上がってきました。
ここからは、もう必死にOH,SUNsについていきます。
橋のところで、前日「応援にいきますよ」って言っていたROMEOくんが予告通り登場!
赤いSAECOジャージが良く似合って目立ちまくり!
そのあと少し登りがあって頂上にて折り返し。
麦茶とバナナをあわてて詰め込み、また必死にOH,SUNsに食らいつきます。
特にスタートとコーナーの立ち上がりで遅れるんですよねぇ。
その度に、ペースダウンしていただいて待ってもらいました。
3号線に戻って更にスピードがあがり、もうちぎれる!と思ったら、yumiさんがスッと前に出て、引いて下さってなんとか再接続できて、ゴール!
きつかったけど、最後までみんなと一緒でうれしい。
思わず、ようやった、これからも宜しくと新しいホイールをなでなでしました。

お昼ごはんをいただき、BMXのショーをみた後、ねこバスさん達、くろさん、yumiさんと香椎の極楽湯に行き、ゆっくり(お待たせしてもうしわけなかったです)と過ごしました。
夕方は、MakiWebで集まったみなさんと焼肉パーティです。わいわいと自転車の話を楽しんでいたら、5時間も経っていました。
楽しい時間を過ごすことができ、ありがとうございました。

Yumiさんが膝裏が痛いって言っていたけれど、翌日私も太股裏がかなりの筋肉痛になりました。
よく言われるホイールが硬いってこういうこと?
それとも、ハイペースなOH,SUNsについていった影響?

鈴鹿・応援

カテゴリ : 
イベント
執筆 : 
MASAKO 2005-8-31 1:02
嬌声をあげながら、シケインとダンロップカーブ手前を行ったり来たりする長女と三女。
あまりのスピードに写真に収まり切らんとデジカメでのムービー撮影に
やっきになる次女。
それに対して、ちいなさんは落ち着いた様子でみんなのナイスショットを
次々と収めていったのでした。
ちいなさんありがとう!
ある意味適材適所?
それにしてもレースって楽しい!

反省点
予備電池とメモリは余分に用意しませう。

ワクワク合同サイクリング

カテゴリ : 
イベント
執筆 : 
MASAKO 2005-8-8 22:24
日曜日は福岡の真紀さんのウェブサイトで知り合った皆さんとパラボラの皆さんで福岡センチュリーランの試走を兼ねた合同サイクリング。
リサーチセンターに集まると、人がいっぱいでワクワク。
最初は自己紹介。
「BBSでは○○といいます」
と名乗るたびオオーっとみんながどよめくのがおもしろい。
「久留米から来たMASAKOです」
なにも起こらなかった。(当たり前である)
サイクリングロードはお喋りしながらゆっくりと。
そしてトイレ休憩の神社でグループ分けをすることになった。
「はい、自分は初心者って思う人ー、手挙げてー」
の隊長の声にわらわらと手が上がる。
「ソコー!!違うやろ!!」
隊長のツッコミにより、かなりの数の自称初心者が却下された。
グループ分けにより私は、真紀さん、ちいなさん、yumiさんのチームに入った。サポートは冷凍こがさん、モロオカさん、隊長の国東を思い出させるメンバーでうきうき。
小石原の登りはお喋りできるくらいのペースで何とかクリア。
江川ダムへの下りは、こがさんにお借りしているホイールのお陰で恐怖を感じることなく下ることが出来た。(早く10月になれー)
そしてひたすら久留米へとサイクリングロードを走り、ゴール!
その後リサーチセンターのインド料理店で、福岡のみなさんとお食事。
ひたすら食べた。みずポンさんのカティカパブ?まで手を出してしまった。
以前、真紀さんところのハルトくんのだんご汁に手を出したことに続く暴挙であった(..;)。
(本当にゴメンナサイ!これでも少食目指してるんです、イヤホントですって・・・)
そしてイワイでは、ちいなさんたちといよいよ近づいてきたスズカの話で盛り上がった。

今日もありがとうございました!
[ HOME ] [ NEWS ] [ BBS ] [ ALBUM ] [ BLOG ] [ LINK ]